お問い合わせ TEL 043-461-0025
 


ペルシャ部族絨毯 トライバル・トルクメン




トライバル絨毯は、主にイランの部族絨毯の総称といえます。遊牧の時代から今日まで引き継がれた 織り方や文様は素朴で大胆なエネルギーを感じさせる作品となりました。 作品は所謂ペルシャ絨毯の源である ギャッベや部族絨毯は現在もカシュガイ・ トルクメン・バルーチ等で伝統を引き継ぎ手織りの絨毯は織られ続けています。 多くは幾何学的な文様で部族の豊穣の願いを込めた大胆な柄いきが現代人の自然回帰を思わせる逸品です。

西アジア・イランの流れを汲み、騎馬民族として知られるトルクメン族は現在は中央アジアのトルクメニスタンを中心に イラン東北部のカスピ海沿岸地域、アフガニスタン北西部でなどで暮らしています。 赤の絨毯が主流で長き伝統の特徴であり現代も引き継がれています。文様は代表的なギュルと呼ばれていますが、 諸説では象の足跡をモチーフに、足跡には福が来るとの言い伝えがあります。そのスキルとデザインは今も母親から娘に 伝授されています。トルクメン絨毯は、結び目は非常に耐久性のあるダブル織り技術を使用しています。 堅牢さとは別にその高品質なウールには定評があります。 絨毯コレクターの最後の拘りはトルクメン絨毯というほどに奥が深い敷物です。

全16件